古書価格の高騰で「読みたくても読めなかった小説No.1」とも言われ、日本戦後文学史の中に埋没してしまった「ポストモダン小説」の怪作が、読みやすくなった新たな組版(1段組)かつ新装幀で甦る!

ドストエフスキー、ゴーゴリ、カフカ、聖書、永井荷風などを俎上に載せ、アミダクジ式に話を脱線させながら読者を迷宮へと誘い込む「インターテクスチュアリティ」の極北は……まさかの官能小説? キャンパスノベル? 妄想ミステリー? 堂々の680ページ&原稿用紙1700枚!

◉巻末付録
作者解読:多和田葉子
作品解読:坪内祐三

 

◉造本:A5判・並製・PUR製本・680頁

壁の中【新装普及版】

¥3,996価格

     

    ​出版と農業といろんなもののハイブリッド

    みんなが喜んで、楽しんで、豊かになるパブリッシング

    メディアの「意義」と「意味」を探求するパブリッシング

     

    つかだま書房

     

    Tsukadama Publishing

    0